(株)藤建企画


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

世の中には動かざる産物と言うものがあります。産物、つまりは物が産むと言う事です。しかも動かない物ですから、それを今の社会では不動産と呼びます。産と言う字が付いていますから何かを産むと言う訳ですが、これが実はお金と言う事になります。その代表的なのが建物です。そしてその建物が建築されている場所です。つまりは土地と言う事になります。では何故動かざる物に産むが付くのかと言えば、建物と言うのは確実にお金が掛かり出来上がっています。家を建築するときには建築費が必要と言う事になります。一般家庭でも一件の家が数百万円は掛かります。大きな豪邸であればあるほどに数億と言う場合もあります。新しく建築するのであれば、総額としてその費用が掛かります。そして建築されたその建物が、今度は不動産として財産と言う事になる訳です。もし建築されて十数年の歳月が経過して、住む事のなくなった建物だとしたら、その建物を今度はどうするかと言う事になります。そのまま空き家にしておけば今度は建築してある訳ですから維持費と言うのが掛かります。そのためにもしその空き家を利用して何かの目的で使う、または住み続けてくれる人がいれば提供しますと言うのが不動産としての事業と言う事になります。誰かに使ってもらって、その空き家の有効利用を考えると言う事です。そしてその有効利用に関してはその空き家の所有者と必要としている側との交渉と言う事になります。その空き家を購入して数百万の金額を支払うのか、その空き家を賃貸して、今後毎月数万円の金額を支払ってもらうのかです。その他にも契約と言う方法があります。このスタイルが不動産事業で言うところの賃貸業となります。一般家庭だけではなく、その他に代表的なのがアパートやマンションなどの賃貸業です。家賃を払ってもらって部屋を借りる、そして貸すと言う事業と言う事になります。この事業が今や社会に於いてはなくてはならない事業と言う事になっています。不動産の姿です。
Tagged on: ,(株)藤建企画