Top Elagance

エレガンスでは最新まつげ・眉毛美容「ラッシュアディクト」の理論や技法はもちろんまつ毛、眉毛を基本から学んで頂けます。施術法は分かりやすい講師の実践を見ながら学べます。さらにエレガンスだけの受講特典!商品、販促、特別講習など3万円相当もらえます。


まつ毛エクステンションの関連情報

まつ毛エクステンション(まつげエクステンション、英: eyelash extension)は、化学繊維等から作られた人工のまつげをグルー(瞬間的に接着するもの)を使用して自まつげに装着する技術である。まつ毛エクステ、まつげエクステ、まつエクと略される。まつげが長く濃く見えるため美容効果が期待できるが、健康被害も数多く報告されている(#健康被害参照)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

まつエクと一口に言ってもそのバリエーションは豊富で、長さ・密度、カール等の要素がありますから、初心者にとっては目移りしてしまうかも知れません。施術はプロのいるまつエクサロンに赴きお願いするとしても、目の形により似合うまつエクを知っておく事をお勧めします。一般的には施術前にカウンセリングがあり、肌や目に関するトラブルを未然に防ぐ為にチェックシートや口頭等で説明があります。同時に希望するまつエクデザインをカウンセラーに伝える訳ですが、初心者でもスムーズに話が進み、施術は満足の行く仕上がりになるでしょう。ここではまつエクに活かせる知識として、目の形や大きさ別に似合う例を幾つか挙げてみました。一重の場合は長いまつ毛を演出するMカールにすると、すっきりした印象になります。比較的カールの度合いが、控えめなエクステがお勧めです。ふんわりとした優しげな印象のあるたれ目の場合は、目尻はエクステをしないか、あるいはしても強調しない事が肝心です。またたれ目に見られたいなら両目で60本等、本数も比較的少なめにすると良いでしょう。対して長さと共にしっかり感を出したければ、目頭から中央付近に長めで尚且毛先がはっきり分かるアレンジにすると良いでしょう。きりっとした美人に多いつり目のまつエクは、柔らかな印象を目指すと優しいイメージになります。目尻に行く程カールの度合いが強いエクステがお勧めですが、目尻はあえて控えめにして長さを出し横に振るとバランスが取れます。よりセクシー感を出したいなら目尻の際に限り、強めのCカール・Dカール等が効果的です。切れ長で幅の広い目を活かし更に強調する事でクールな印象にしたい場合は、黒目の外側に長めのエクステを施すと共に、目尻は短めにすると良いでしょう。目幅が狭くても黒目の上から目尻に掛けて長めにしたまつエクを使うと、目を大きく見せる効果が得られます。とは言えまつエクとのバランスに注意を払いながら、ボリューム感を調整する事が大切です。
Tagged on: ,Top Elagance