ONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式を挙げる場合は、写真撮影のことも考えなくてはなりません。全く写真撮影のことを考えていないと式場側からカメラマンを勧められる場合もありますが、すぐに答えを出さないようにしましょう。なるべく早く答えを出した方が迷惑がかからないのは事実になりますが、即答してしまうと自分が満足できない可能性もあります。相手に迷惑をかけないのも非常に大事な部分になりますが、自分が満足できるかはより重要な部分になるので覚えておきましょう。結婚式場側からカメラマンをお勧めされると、技術が高い人紹介してもらえるのではと期待してしまいますが、そうとは限りません。必要最低限の技術しか身に付けていない人を紹介されてしまう可能性もありますし、さらに非常に価格が高いケースもあります。あまり高い技術を持っていないのに、費用ばかりが高くなってしまうと納得できないでしょう。結婚式場が分からカメラマンを紹介された場合はその場で答えを出すのではなく、自宅に帰ってから2人で調べて結論を出しましょう。その場で出してしまうとしっかりと情報を調べられませんし、メリットばかり言われてしまうので、自分たちが満足できない環境になるなど想像もしません。実際に式場から勧められたカメラマンに依頼をしたが満足できなかったと言う人もたくさんいます。結婚式は一生に1度しか行わないので、しっかりとした知識を持っていない人が多くいるので、その場では価格が安いのかまた高いのかも判断できない場合が多くあります。価格の部分は自宅に帰ってからインターネットなどで調べると、すぐに把握できるので最低限の部分を比較した上で答えを出しましょう。自宅に帰ってからすぐに調べれば1日で結論を出せるので、式場に迷惑をかけてしまう状態にもなりにくいです。物事は早めに決めた方が良い部分もありますがしっかりと考えて決めることも大切だと覚えておきましょう。
Tagged on: ,ONELIFE