株式会社オデット

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

年齢が若くないとバレエを習うことができないと諦めてしまう場合もありますが、最近は大人の人でもバレエにチャレンジをする人が非常に多くなっているので、興味を持っている人は挑戦することを考えてみましょう。どこの地域で生活をしている人でも、バレエに興味を持つ場合はありますが、比較的挑戦しやすいのは首都圏だと言えるでしょう。首都圏には、大人専用のバレエ教室が多くなってきている傾向があります。これは挑戦をしたいと考えている人が、非常に多くなっているからです。反対に地方の場合は、まだまだバレエ教室が少なく、挑戦をできる環境が整っていないと言えるでしょう。もちろんバレエ教室がある地域も存在しますが、場所によっては始めることができない可能性もあると言う部分だけは忘れないようにしましょう。大人が挑戦をする場合は、非常にお金がかかってしまうのではないかと考えますが、子供と同じ位の価格で習うことができるので、極端に金銭的な心配をする必要はありません。バレエは他の習い事と比べると少しお金がかかってしまう傾向がありますが、健康のために行うと言う人もいるので、同じ目的で行いたいと考えている人の教室を探してみましょう。教室を探す際に必ず確認をしなくてはならないのが、発表会などに参加をしなくてはならないのかになります。バレエは発表会が存在しますが、発表会にはなるべく出たくないと考えている人もたくさんいるでしょう。この場合は発表会への参加が自由になっているバレエ教室を選ぶ必要があります。1回程度であれば発表会に出てみたいと考える人も、自分で選択をすることができる場所を選ぶことをお勧めします。必ず発表会に参加をしなくてはならない教室を選んでしまうと、その分練習もきつくなってしまいますし、自分が出たくないと言う場合も、強制的に参加をしなくてはならないので、楽しんで習える環境ではなくなってしまいます。この発表会の部分は、必ず確認をしなくてはならないと覚えておきましょう。
Tagged on: ,株式会社オデット